国内出張は格安航空券で十分でした

今までの料金が異常だった

ドリンクや食事のサービスが有料となっているということは違うところですが、これは普段もほとんど利用していないので全く問題はありません。
むしろ不必要なものを無理やり持って来られても迷惑という感じがしていたぐらいです。
後は普通に目的地について、仕事場に行くというだけです。
ですから、違いは飲食のサービスのあるなしぐらいということでしょう。
自分が感じたのはそれぐらいでした。
それで料金が圧倒的に違うというのはちょっとこれまでの航空会社はぼったくり過ぎだろうという感じがしました。
実際に格安航空会社のサービスを体感した後でこれまでの大手のサービスを考えるととんでもない値段だったという気がします。
会社が全ての出張を格安航空券にするようにお達しを出したのも無理からぬことだと感じます。
何しろ料金が倍以上も違うからです。
それで目的地に早くつくわけでもなく、特に快適性が増すというわけでもありません。
それで倍以上の違いとなると、これは下手なぼったくりバーどころの騒ぎではないでしょう。
明らかに今までの料金が異常だったというとが分かります。

大手の飛行機と全然変わらない今までの料金が異常だったスタッフの対応も格安航空の方がいい